Dr.真島康雄のバラの診察室

テッポウムシ被害の予防策:親(カミキリムシ)を高効率に捕獲するための知恵

映画“ターミネーター“をご存知でしょうか?「2029年、コンピューター”スカイネット“が支配する世界で、人類のために立ち上がった指導者ジョンコナーに苦戦を強いられたスカイネットは、ジョンコナーが生まれる前の過去にマシーンを送り込み、その母親を抹殺しようと試みる・・」

これは、最も確実で賢明な戦略です。

未来(来年)のテッポウ虫被害を0にするには、母親になる予定のカミキリムシを、カップルになる前に捕獲すればいいのです。

まずは、テッポウムシの両親の姿を目に焼き付けましょう。

バラは、主にゴマダラカミキリムシの幼虫(テッポウムシ)による被害。でも、シロスジカミキリムシの幼虫による被害もあり。

バラの最大の敵はカミキリムシの卵から孵った幼虫:別名“テッポウムシ”です。根幹部を2年かけて鉄砲の筒みたいに食い荒らし、枯らします。

この問題を解決するために、2003年から研究課題として取り組み2014年には、大きな成果を上げるに至りました。その作戦とは・・・「バラのお悩み解決帖」で報告していますが、今回と次回はその進化形をお話しいたします。

2011年までは、親のカミキリムシを偶然に見つけて捕獲・・これは・・単なる日記でした。

2012年に、イラガの生態と同じく、何らかの法則が?・・と気付き、2013年からは、日記のデータを分析し、2014年からは確かな意志を持って、6月1日から親(カミキリムシ)の捕獲に努めました。

結果、2014年には年間16匹もの親(カミキリムシ)を捕獲しましたが・・・

2015年からは、ゴマダラカミキリムシ予防ネットの開発に着手し、
2017年は、開発した予防ネット内で親を捕獲しようと、ネット内の観察に注視・・結果・・株の上方や側面の枝の観察がおろそかになり、捕獲匹数が半減(見逃し数増加)。

2020年は朝夕のコロナ対策でバラに時間を割けず、見回り回数減→捕獲数が減少。(見逃し例は10匹程度?)
2021年 コロナ対策でゴマダラ防止ネットの設置、メンテナンスに時間を割けず・・そのために、今年こそは・・飛来したカミキリムシは、交尾する前に確実に捕獲しようと決意(早朝&夕方も見回り)。・・私にとってのバラは・・リアルな“生物”で可愛いペットなのです・・

メモ:
朝夕の見回りができずに、取り逃がし例があるとすれば、7月下旬までパトロールが必要。

以下には、2021年のカミキリムシ捕獲のリアルな状況を全て記録しましたので・・
バラ愛好家にとって・・「必須なお世話」として認知していただけたら幸いです。

<カミキリムシを探せ>・・・これは・・ある意味・・ヒトの・・狩猟本能に従った行為でもあり・・・・遊び感覚でもあり・・苦にはなりません。

どこに?

拡大です

他に、情報は?

どこに? ちなみに黒点病は・・薬(毒)を散布して予防・治療する必要はありません・

拡大です この時期、黒点病で・・葉が少ない方が発見しやすいメリットも・・

寿命が短く、「昼も食事して・・急いで子孫を残さねば・・」..つまり、昼の見回りも必要!

この食事痕は大きい!

どこに?

拡大です 葉に留まる虫は大抵・・コガネムシ、枝なら・・カミキリムシです。

どこに?

拡大です

つるバラを見上げれば・・

不用意にバラに近づき、カミキリムシが飛び立ち・・壁面へ・・・どこに?

拡大です

どこに?

どこに?

拡大です

つるバラを見上げて・・シルエットでも、触覚は特徴的に目立つ

どこに?

拡大です

どこに?

拡大です

どこに?・・逆光で難易度高い

拡大です

反対側から・・順光での観察

どこに?

拡大です

どこに?

拡大です

どこに…昨日と同じバラの木

拡大です

どこに?

拡大です

どこに? 葉が少ないので見つけやすいのですが・・

拡大です

どこに? この時期、黒点病で葉が落ちて、カミキリムシ発見には好都合 黒点病に感謝

拡大です

どこに?

拡大です

事実関係

  • 2003年6月6日—枯れたメグスリノキでカミキリムシ1匹捕獲----穴から出てきた!
  • 2003年6月7日—枯れたメグスリノキでカミキリムシ1匹捕獲----穴から出てきた!
  • 2003年6月8日—枯れる寸前の・・弱ったバラの株元で発見----穴から出てきた!
  • 2012年6月2日 穴から出てきたと思われゴマダラカミキリムシ1匹捕獲
  • 2014年6月8日 穴から出てきたと思われゴマダラカミキリムシ1匹捕獲
  • 2016年6月8日 穴から出てきたと思われゴマダラカミキリムシ1匹捕獲
  • 2016年6月9日 穴から出てきたと思われゴマダラカミキリムシ1匹捕獲
  • 2017年6月6日 穴から出てきたと思われゴマダラカミキリムシ1匹捕獲
  • 2021年6月5日 穴から出てきたと思われゴマダラカミキリムシ1匹捕獲

 

8月のカミキリムシ捕獲(いつまで飛来する?)・・18年間で最も遅い発見日は?。

  • 2013年8月8日 株元でゴマダラカミキリムシ捕獲 おそらく、産卵目的で飛来
  • 2013年8月10日 バラの幹上方の枝でゴマダラカミキリムシ捕獲

 

カミキリムシの心理学

1. 子育て(産卵)に適するバラの株を上空から見定めて着枝する。
a) 「背の高いバラ」・・日光の奪い合いに勝っているバラ株とみなす。上空からは株元の太さは見えず、株元が細くても産卵される。
b) 鉢植えよりも地植えの方が、背が高い場合が多いので、地植えの被害が多い。
c) 鉢植えでも樹高が1.5mを超えると産卵対象となり、樹高が低い鉢植えでも、机などの台などに置くと、樹高が高いバラとみなして飛来・産卵することが多い。

2. 食事中も、カップルになりたいという心理が働く。(背中の派手な模様はそのため)
a) 上方、側面から人目に(ムシ目に)つきやすい場所で枝を食事することが多い。カミキリムシの側面や触覚にも派手な白の斑点があるのは、枝に止まっている時も、側面方向から異性に見つけられやすいようにとの配慮です。
b) したがって、カミキリムシを探す場合は、逆光にならない角度から、上方および側面からの観察が望ましい。

3. カミキリムシが一番怖いのは、ヘビ。
a) カミキリムシの体温は意外にも暖かい。ヘビは温熱センサーでチェックしながら株元をうろつくので、夜間に株元に産卵する習性はない。昼間は、太陽光のため、ヘビの温熱センサーはあまり役に立たない。しかも、ヘビは野生の猫などの天敵を怖がり、昼間は活動が低下。したがって、産卵は早くてAM9時〜PM4時と思われる(観察事例から)。つまり、早朝の株元の観察は不要。
b) カミキリムシのお腹が・・なぜ黒一色か?
昼間、下から見上げる天敵のヘビに見つからないように・・と、思われます。

重要メモ:
:5月24日〜6月1日→シロスジカミキリムシ—株元や太い幹から、蛹が羽化してカミキリムシとして這い出してくる日---------幹〜枝の先端部分〜株元を観察&枝の食事痕を観察。

:6月1日〜6月10日→ゴマダラカミキリムシ--株元や太い幹から、蛹が羽化してカミキリムシとして這い出してくる日---------幹〜枝の先端部分〜株元&枝の食事痕を観察。

『まとめ』
○:5月24日〜7月8日はカミキリムシ捕獲の最重要期間

→カミキリムシ捕獲(朝の10分&夕方の10分)
 可能なら、昼も10分

(5月24日〜6月10日は・・特に“シロスジカミキリムシに注視!)
****************************************

備考:
6月16日〜6月29日・・・交尾の季節・・・

(多くはこの期間、出会いが成立すれば6月3日からでもカップル成立)
    ----------------幹〜枝先〜葉の上:観察ポイント------------------

<あとがき>:
2021年7月16日現在、7月8日以降のカミキリムシの発見なし。
カミキリムシ捕獲のための早起きシーズン(朝夕の最低2回の見回り)は・・ほぼ終了。
今後は、過去3年で最も遅い日にカミキリムシが飛来したのは2020年7月29日でした
(過去18年では2013年8月10日でした)

から、散発的な飛来に注意して7月31日までカミキリムシの見回りを続行。

今回の作戦は、最も重要な
1. カミキリムシを産卵前に捕獲する:一次防衛(水際作戦)でした。
ゴマダラカミキリムシは1個体で50〜200個もの産卵数と言われていますので・・今年の20匹捕獲(半数がメスとして)・・放っておくと・・この作戦をしないと・・元気に育っているほとんどのバラの木が被害を受け・・1〜2年後には半数のバラが枯れることになるでしょう。そして3〜4年後には・・バラの木は全滅・・・。

“バラ育てが難しい”という伝説・・その理由は以下の2つ

  1. 「農薬無しでは美しさを保てない薔薇」を推奨している、消毒ありきの本が多い。
  2. テッポウムシの被害(枯死)は農薬でも防げないから。

ゴマダラカミキリムシは、みかん、イチジク、桃、オリーブ、ブルーベリー、フェイジョアなどの樹木にも産卵します。

今回の情報は・・・果物・食用バラなどの樹木で、木クズが出ている穴へ殺虫剤を噴霧するのは・・・どうしても避けたい・・そんな方への・・耳寄りな情報になるはずです。

ファミリーにとっての大切な樹木が、命を落として枯れ、悲しむことがないように・・役立てていただければ幸いです。

なお、殺生は出来る限りしたくありませんが・・正当防衛ですので・・。

次回の掲載は、
・テッポウムシを早期発見し駆除する…2次防衛・・の掲載予定
(発明した2つの道具を紹介)

2021年7月18日 記載
真島消化器クリニック
真島康雄

ページの先頭へ戻る

「Dr.真島康雄のバラの診察室」目次へ戻る

Dr.真島康雄のバラの診察室

携帯版のご案内

お知らせ

リンクページ